カテゴリ:わあどる( 26 )

仕事ってさー

えー今日は当直なんで、ぼへらっとテレビを見てました。あ、おひさしぶりです(笑)。
もうすごいんですよ生活が。まあ半分趣味ですけどね。そうでも考えないと身が持たないです。ほんとほんと。

院内のヒアリハット報告システムを電子化したりね。結局エクセルをデータベース化したんだけど。まあ、ソフト買うよりいいと思うんだけど。100万円するもんねーそんな金ないよ。つか、あの報告システムは思想が古い。「情報を一箇所に集めて管理する」っていうのがね。好きじゃないんですあんまし。それってまさに古い医療、古い政治そのもの。このウェブ時代に、ありえない。

****

さて、NHKで「日本のこれから」だったか、働くことのあーたらってやってました。格差社会だの、若者のニートだの、まあ全体には散漫でしたけど、その中で、最初のほう、「働く環境はよくなりましたか?」ってスタジオで聞く場面がありました。NHKらしく、番号札を上げるんですけどね。

気付いたんだけど。

「働く環境がよくなっている」「景気がよくなっている」って人たちの職業(名札に書いてあるの)みてたら、一定のルールがあるんだよね。不動産業。カード会社。人材派遣。経営者。

みんなさ、自分では付加価値を発生しない位置にある人たちなんだ。

鉄板にボルト打ったりさー。みかん育てたりさー。作ること、生産すること、加工する、モノを生み出す。そういった人たちが、軒並み不景気感、搾取され感でいっぱいなわけですよ。景気よさげなことをゆってる人たちって、結局ムーディー勝山みたいに「右から左に」人や土地やお金を動かしているだけって気がしたな。

****

ボクらの仕事って、サービス業にはいるらしいけど、でも近いのは自動車修理業なんだってさ(真野俊樹先生の著書より)。ある意味製造業に近い。

それがどういうことなんか、まあよくわかんないけど、お上のゆってることは、医療者はともかくお金をつかわず戦えって言う、竹やりで飛行機を落とすのだーっていう、まさにあれとおんなじです。ばっかじゃないの?

労働自体もそうでしょう?人材派遣会社でしあわせなのは経営陣だけでしょ?派遣の事務のみんなとか、ふらふらですよ。そういうもんです。搾取する側にやさしい社会だ。そしてボクらは、搾取される側にいる。

こんな狭い国土で、生きていくために、みんなが非製造業に走っちゃ駄目なんですよ。香山リカくんの、「仕事に期待しちゃ駄目、お金をもうける単なる手段」っていうのも極論だ。1日の1/3は仕事じゃん。そこは、たのしくやらないとね。

どんな場所でも一生懸命。ということ。これで十分楽しいけどね。
[PR]
by seagullk | 2007-06-23 23:53 | わあどる

君のためシンドローム

うーん、やっぱり一番やっかいなのは、善意の顔をした自己中心ですねー。と、しみじみ。
友人の話を聞いて。まーよくあることなんだけど、働く女性ってすげー負荷がかかるじゃん?子供さんとかいると。それをダンナさんがどれだけ理解出来ているかってこと。という事例に遭遇して。

「お前がここまで疲れているのは仕事で疲れているからなのだ仕事がきついからそうなるのだお前の為にそう言っているお前の身体を心配しているからそういっているのだ仕事を続けるのはお前のワガママでお前の好き放題なのだがお前はそろそろ自分の体力というものを考えて子育てに専念したらどうだオレはもちろんすばらしい父親で子供とよく遊んでやっているもちろん食事とか着替えとか幼稚園のお弁当とかは母親の領分であって俺の出る幕ではないのでその辺はお前が母親としての自覚をもってやるべきでそれを出来ないようなら仕事はもう無理なのではないかと思うお前は仕事は楽しい仕事はつらくないというがそれならなぜうちに帰ってそんなにぐったりしているのかそれはお前の時間のつくり方がわるいのだ俺はまた俺の実家から怒られるだろうどうして俺を困らせるのだ俺の立場をわかってやっているのかとてもそうとは思えない俺はお前のことを心配していっているのだ俺は家に帰ったら仕事の疲れをゆっくり癒すためにお前の手料理を楽しみにしているのだお前がきついのならおまえがしごとをやめればいいそれだけのことだ俺はお前を心配している俺はなんていい父親でいい夫なのだろう」

という感じでしょうか。あくまでフィクション。
[PR]
by seagullk | 2005-10-21 06:34 | わあどる

「弱虫はだあれ」

ソウルメイトくんちで、新卒就職戦線の掲示板で言いたい放題ってふがー(笑)、という記事を読んで思ったんだけど。

そのもどかしさは、たぶん自分が先日書いた、研修医さんは労働者っていう記事とどこか似ているんじゃないかって。

最短距離が最善のルートだから。面接官の情報を共有しよう。
最短距離が最善のルートだから。卒業して免許持ったらボクらは一人前。なんで見習いみたいなことをせにゃならんのか。

最短距離が最善ってことを教えてくれたのはオトナたちだった。早期教育。マニュアルで回答パターンを丸覚え。探求よりも裏技。地図よりもナビ。ゲームの前に攻略本。
ビジネスで成功する100の方法。チーズはどこに行った?金持ち父さん貧乏父さん。

最短距離が最善のルート。それがのみこめないヤツは日勤教育でもやっとけや。
最短距離が最善のルート。マニュアルに載っていないことをするなんて無駄でしょう?

匿名で噴出する掲示板にブログに。どうします?ミクシにでもいきますか?友人の友人の友人なら、安心ですか?

ボクらはどこに行くんだろうね。
 
 
[PR]
by seagullk | 2005-06-19 16:43 | わあどる

「しゃべれるって素敵」

えーっと。ちょっと丸1日しゃべってきました。あやしい自己啓発じゃなくて、心電図のお勉強セミナーです。今回は185名の参加なんだって。うれしいなー>たくさんの参加。ここのアドは参加者さんには公開したので来てくれるヒトいるかも。ほんと、ありがとさんでした。

実は先週日曜日にテニスで背中痛めてて。なんと仕事にもいけないという非常事態で、MRIでヘルニアかも−ってコルセット処方もあるし。ともかく、あまりに背中が痛くってしゃべれないし、笑うと響くので笑えないしという、まあ自分にとっては拷問のような1週間。セミナー開催自体も危ぶまれたんですが、ロキ○ニン飲みまくリ、ボルタ○ン座薬(50)も毎日使用で金曜くらいから喋るのがオッケーになって、当のセミナーではなんとか。担当の方が「前の時よりトークなめらかですよー?」って、そりゃそうだよ、しゃべれるヨロコビにあふれてるもん(笑)。

いやほんとに。笑えるとか表現できるとか、そんな簡単なことが当たり前にできるってすごいなあ、と。今さらながら実感したなー。

まだ湿布貼りまくりです。完全復帰までの道のりは遠いけど、ひとまず気分はおっけーですね。
[PR]
by seagullk | 2005-05-16 01:02 | わあどる

「つたえるということ」

もともとネットとのかかわりとしては、文芸系サイトがスタートでした。で、そこで強く感じたことは、「伝える」ということの危うさと難しさ。テキストのみで伝えるということが、ここまで難しいとは…。

自分たちの仕事も、実はこの「伝える」という作業が非常に大切です。ところが、自分たちはそれを訓練されていないんですよね。コミュニケーションの大事さが、業務から抜け落ちてしまっている。それはたぶん、この国全体の問題でもあるんですよ。政治でも経済でもね。

文芸系のサイトを通じて、何を、どんな風に伝えたらいいだろうって、考える癖がついたように思う。それは自分にとってすごく大きなこと。

時々、「患者さんを『患者様』と呼ぶのがサービスの基本」みたいな議論を目にすることがある。これは明らかに間違ってますね。相手に伝えたいという気持ちがあるなら、そんな呼称になるはずがない。そこに豊かなコミュニケーションが成立しないでしょう?それは見かけ倒しの言い訳でしかないのにね。そういった事例がどんどん増えている。あるいは主流になろうとしている。

自分が今、現場でやろうとしていることは、そんなマニュアルチックな風潮からはずれていくんだろうなあ、ということは、実はもう気付いてるよ。どこかで修正を余儀無くされる日が来るかもしれない。流れていく世界で、流れずにいようっていうのは、エネルギーが、ひどく傷む。

でもまあ。まだもうちょっとだけ、このスタイルでいこうと思う。世界が気付いてくれるかもしれないしさ。可能性が低くても、今あきらめたらおしまいだから。呼吸が止まり心臓が止まり、冷たくなりかけている身体に懸命に心臓マッサージをして、こっちの世界にもどってくれる。「なんでワタシの歯が欠けとるん?」って文句いいながらそれでも退院にもっていけるんだ。

その世界を知っているから。

このまま。
 

  
[PR]
by seagullk | 2005-05-07 15:01 | わあどる

ほりえもんとメディアの姿勢

えー2月18日の産経新聞の「主張(社説)」から。

『堀江氏発言/産経を支配するって?/少し考えて言ったらどうか』の見出し。

「・・これを機に産経新聞の考えを一応、言っておきたい。」とのただし書きで始まる社説。中見出しには「見えない哲学と使命感」「一般事業とは違う責任」っといったフレーズ。最後の3段落から、引用です。

「堀江氏は電波媒体を買収してグループ内の新聞を支配したいという野望なのだろうが、電波というのは公共財であり、しかも無限ではない。この限りある資源を適切に使うため、国が限られた事業者に免許を与え、割り当てている。これが放送事業である。」

「したがって、利益をあげることが最大の目的である一般事業会社とは当然異なり、より大きな公共性と社会的責任が伴う。」

「それだけの資格があるかどうか、静かに自らに問うて欲しい。」



えー、つまりアレですね、現在フジサンケイグループ、たとえばフジテレビ系が流しているのは適切な公共財で、それだけの資質のある事業主が展開してるのだよ。なにしろ国から免許を割り当てられ限られた事業者なのだからな我々は。ハダカとお金と殺人と占いが画面にあふれている、それが適切な判断であって、ホリエモン、キミはこの高尚な事業には向いてないから反省したまえ撤退しろ、ってことなのだろう。



これがとおるなら、じゃあこれはどお?。
「医療というのは公共財であり、しかも人材は無限ではない。この限りある資源を適切に使うため、国が限られた者に免許を与えている。これが医療である。」「医療は利益をあげることが最大の目的である一般事業会社とは当然異なり、より大きな公共性と社会的責任が伴う。」このフレーズでキミら納得できる?てゆうか、「医療も経済論理にのっとって合理化すべき」っていっつもゆってるやん。それは放送業もいっしょなのだ。

すくなし、ほりえもんの資格を問う権利は君たちにはないよ。産経新聞はわりといい記事を書くんだけど、自分のことになるとここまで判断が鈍ってしまう。それに気付いていないってことだ。哀しいね。
 
[PR]
by seagullk | 2005-02-19 15:02 | わあどる

うう。

今日は頼まれて「生活習慣病予防について」ってゆうセミナーやってきました。ふつー偉いセンセ-とかがやるもんなんですが、行き掛かり上自分がする羽目に。受講者がみんな年上の方ばっかし(企業内研修ね)なんで、まあなにがなんだかって感じです。この準備のおかげで2日間医局の机の前で寝てました。足むくんでるんですが、ええ、なにか?(笑)。このスライドはネタ満載なので、そのうちテキスト化しますよ。

とゆうわけで今日は明日の勉強会のための英語論文を今から読みます。えーえー読みますとも、ふん。いったんワープロ打ちしないといけないんですよ。あーなんか生活がすさんでるなー。

でもこっそり創作活動もしてるんよ。実はこっそり文芸サイトにはアップしてるんですけど、アクセスは秘密にしてる。まさかとは思うんですが、興味あるヒトはトップページの写真をなでまわしてみて下さいね。しゃべっちゃだめよ(笑)。

さ、次カキコは1時間後でしょうか。何行読めるかなー(泣)。
[PR]
by seagullk | 2005-01-26 20:45 | わあどる

「ぱりぽり」

今ぱりぽり食べながらパソしてまーす。

新製品、オレオチチョコレートパイ。けっこううまいよ。でもカロリーがなー。
すんごいの。1個75キロカロリー。5個で375キロカロリー。うーんご飯2膳分。
ええんかなーぱりぽり。とかいいながら4個目終了~。最後の一個のこの勇気!
tobe or not to be。ハムレットです!食うべきか明日に回すか!オーマイ!ゴッド!
オーマイってなんかシューマイとか売ってなかった?パスタ?
ねえおなかすいてる?ねえったらー(笑)。

とりあえずガム噛もっと(笑)。
  
  
[PR]
by seagullk | 2004-10-24 19:36 | わあどる

システムと詩

また妙な作品を書いてしまった(笑)。下のヤツ。「お母さんボクは東大にいきます」っての。
昨日夜中の3時くらいに自転車でアスファルトを走っている時にそのタイトルフレーズが浮かんで、まああとはがーっと。

いくつかのアイロニイ。それを。
すべてのモノカキさんに提示したいですね。わかってもらえるかどうかは不明ですが。
いろんなフェーズがあるんですよね。でも自分の中では矛盾しない。いつもおんなじことを書いているんですけど。自分では。

ひややっこに砕いた揚げはるさめのっけて、ちょっと中華風にして。でもお豆腐でしょ?
ヒトはヒトを捨てることができるんだよたやすくね。とてもたやすく。

じゃあ自分を。どうですか?
  
  
[PR]
by seagullk | 2004-09-06 00:25 | わあどる

詩評について

きのうめちゃくちゃたくさんテキスト書いたので、ちょっと左手がだるいです。
メインサイトにはアップしたけど、詩評。まあ好きで参加してるんですが、詩評というより作者評みたいになってしまった。まあいいや。

もう自己満足のきわみみたいなもんで、誉められるわけでも評価されるわけでもないしー。ただ、自分の中で受容できるテキストを書き留めたいという欲望はありますね。でも、自分の書いたものが果たして面白いんだろうかって不安は、やっぱりあるですよ。本人の評価っつーのも気になるし。

自由詩のような評を書きたいですね。句読点にまで気を配りながら。で、一番の目標は、取り上げたその人の作品を、もっと読みたいって気持ちにさせる文章、かな。それに成功すれば言うことなし、なんですけど。
[PR]
by seagullk | 2004-09-01 11:56 | わあどる